さて、これから…

娘の挙式、披露宴が終わった。

二人の会社の上司、友人、身内に祝って貰いながら、二人が一緒に企画した楽しくて素敵な宴だった。


この晴れ舞台には、両親揃って並ぶ事が私の務めとしてきた。

娘にしてやれる母親としての最後の役割。

娘は、例え親が離婚していても気にはしないかも知れないが古い世代の人間の私としては気にする。


夫とはこれでチャンスがあれば、いつでも別れられる。

娘が離れて行くという寂しさよりも、これから私はどうやって自分らしい生き方をすれば良いのか?

そんなことを考えているから、花束の贈呈や娘からのメッセージを聴いても涙が出てこなかった。

演出に背いてごめんなさい。


もちろん、二人の門出は祝福している。

幸多かれと祈ってます。


でも、新しい家族が出来てそれを築いていくのは二人だから、遠くから見守っています。


どこかの誰かさんやその母親のように、いつまでも指図したり、指揮命令に従順に従うことのないように…


夫と二人の帰り道、デリカシーの無い会話が続いて、やはりこの人とはこれから共に生きることは無理だ、と思った。


諦めて我慢してこの生活を続けることは私には出来ない。

悪あがきと思われようが、何か活路を見いだすのが私らしい。








7411D29D-EA2C-494C-A675-1B21327A0424.jpeg
0

14年が過ぎて…

2005年5月にスタートしてかれこれ14年もあれこれ綴っている。
でも、今年はこのスタートの日をすっかりと忘れてしまっていた。

言い訳になるけれど、今年は大型10連休で休み疲れた直後の記念日だったし.....
最近はちょっと色々な迷いがあってネガティブな気持ちが続いているし......

特に、いよいよ娘の結婚式が近づきこれからこれまでの生活とは変わること
これから変わる生活にウキウキしたりワクワクしたりすることがないだろうな、という諦め。
どうしたら、この気持ちが変わるのだろうか?

幸い、結婚後も娘はハズとは別居で週末婚。平日はこれまで通り3人暮らし。
少しはこれで夫との二人暮らしになることは回避できてホッとしている。

まあ、今のところは仮面夫婦で(笑)結婚式は無事済ませなきゃ。

平成最後の日

今日で平成という元号が終わり、明日から新しい令和に変わる。
昭和から平成に変わった時は、こんなにのんびりと過ごしながらではなかったと思う。
30年も前の事になるのだ。
それを思うと私も歳を重ねた事を実感する。
30歳を過ぎたばかりで子育て真っ最中で平成が始まり、令和に変わる年にその子供が嫁ぐ。
平成時代は、私の変化の多い時代だったのだ。なんてったって、30、40、50代は女にとって山あり谷ありだったけれど
充実して生きてきたと思えている。

還暦を過ぎて迎えるこれからの令和の時代は、どうなるのだろうか…

明るい時代になりますようにと願う。

新しい生活

4月から新しい職場での仕事が始まりひと月が過ぎた。
予想以上にこれまでの仕事と比べて楽である。頼まれた補助的な仕事、つまり、郵便物の仕分けや発送、コピー取り、資料作り、データ入力など事務補助作業。職員のサポートを任されている。
時給と仕事内容は見合っているし、通勤は徒歩、有給休暇あるし社会保険も加入している。欲を言えばあと少し勤務時間が長ければ収入が増えること。

誰でも出来る仕事だと思う、でもいかに効率よく仕事をこなしていけるかを課題として頑張ろうと思う。そして余る時間は来年の就活準備期間に充てようと考えている。

GWの休みに入り、やっと植物の手入れも出来た。これからの季節に向けてハイビスカスをそしてラベンダーを買った。
これまでの花の彩りも変化して見るのが楽しみになる。

画像

診断の結果

先日の肺の診断の結果を今日呼吸器内科を受診して聞いた。
「問題ありません」と言われた。
あれ〜!身体から力が抜けた。
この1週間、色々と考えた時間は何だったのかしら。
あれこれどう生きようか?
私なりに色々調べたりしてた。
生命保険は、どうなのか?
ホスピスは?

まぁ、今回調べた事は又いつか役に立つ日も来るかもしれない。

家族にも話さないで良かった。

新しい仕事もこれで安心して働ける。

そう思ったら、食欲も出てガッツリ昼ごはんを食べて昼寝までしてしまった。

こんな私でもまだ神様は生かしてくれるのだ…

言おうか言うまいか…

4月から就職する職場の健康診断を受けた。気になるのは血圧とコレステロール値が高いこと。
数ヶ月前の職場検診でもこれが要観察項目だった。
が、今回X線写真に気になる所があると言われた。こんな事は初めてでちょっと引いた。
後日CTを撮るのでは、気が気ではないから、即撮ってもらった。
結果は、今すぐ対応が必要な結果ではないが、「気になる」を何度も繰り返す。そして検診担当医には結論が出ず、呼吸器内科の先生に判断を仰ぐと言う事になった。
私の1番の心配は、これでせっかく決まった仕事が流れてしまう事。
それは、担当医が就労には支障無しと報告すると聞いて一安心だった。
でも、1週間後に専門医の受診結果が待っている。
今は、仕事を辞めて収入無しの厳しい状況でCT検査費用は想定外。
次に又検査となると困る。

精神的にも不安もある。
この夏に娘の結婚式を控えているので
これから週末は準備の時間が増える。

本当は、自分の今の不安な気持ちを誰かに聴いて欲しいのだけれど、まだ結果がわからないから、再検査の話を娘にするにはちょっと酷かと思う。
話したくなる気持ちをぐっと堪えている。
夫に話せば、騒ぐので全く言うつもりはない。

あと1週間が待ち遠しい。
結果がわかれば、これからの計画が立てられるはず。
そこでこれからの生き方も決められるのかしら?
そうなると、今のこれからが見えない状況から出口が見えてくるような気がしている…

再会

2月は恒例のプロ野球のキャンプ見物。
私にとっては、1年ぶりの里帰り?でもあります。

懐かしい気持ちで一杯になりました。

やっぱり、私はここで暮らしていた!
自分の過ごした時間を確かめた旅でした。

住んでいた所や通い慣れたお店、職場。
私が居なくてもちゃんと存在しているけれど、私を覚えていてくれた人も沢山いた。
わざわざ時間を作って会ってお喋りをして、それだけでも私の癒しになったし、又来よう!その為に頑張るぞ!というエネルギーにもなった。

以前の職場のある建物で清掃をしている女性と朝の挨拶をよく交わしていた。
お互い名前は、知らないけれど
辞める時にも別れの挨拶をした。

その人に今回偶然にも会った!
「よく帰ってきたねー」と第一声。
その後、実は夢に出てきて、どうしているのか気になっていたとの事。
だから、会えて嬉しい!と言われて
私も嬉しくなりました。

私の魂が先に戻っていたのかしら?

再会した場所は、霊気の強いと言われているからもしかしたら、その女性もそういう力を持っているのかしら?

街は変わっていました。
新しく出来た景色の良い道路、建設中の大きなショッピングセンター、新しく出来た建物。
でも、私の好きな場所。

又、来るからね〜と名残りを惜しみつつ帰路に着きました…
画像

画像